image

アクシスコンサルティング

2021/8/23

【筆者も過去利用】年収1,000万円以上案件多数の求人サイト

注意 これを読んでいる方が、どれくらいのスキルをお持ちをなのか分からないため、結論と情報だけ記載しておきます。       1.結論と2つの情報   結論 ・年収1,000万以上案件(求人)が多数なのがアクシスコンサルティング       情報 ・誰でもキャリア相談が可能 ・無料で可能       2.執筆者   新卒で入社した1社目の会社で、働きながら公認会計士試験向けの勉強を開始。 仕事をしな ...

もっと詳しく

image

ジャスネットキャリア

2021/8/18

【ジャスネットキャリアの評判】電話やメールがしつこい場合があるのか?

ジャスネットキャリアに登録したら、しつこい電話やメールがこないか心配です・・・。       この記事では、上記のような悩みを解決します。   本記事の結論 しつこい電話はありません。 メールは定期的にきます。ただし、メールの配信停止は30秒でできます。 本記事の信頼性 ・公認会計士試験合格後に監査法人(Big4)に入社。現在は独立 ・独立前に、会計特化型転職サイトを2社利用して外資系企業(外資コンサル等)に転職 ・MS-JAPANとアクシスコンサルティングを利用 ...

もっと詳しく

image

MS-JAPAN

2021/8/18

【強み3点】MS-JAPANが選ばれてる理由を利用者目線で分析

MS-JAPANに登録する前に、【強み】や【特徴】を知っておきたいです・・・。       本記事では、このような悩みを解決します。   本記事の内容 MS-JAPANの強み・特徴を、利用歴5年以上の公認会計士が解説         こんな方向けに、この記事を書いてます。       こんな方におすすめの記事です MS-JAPANに登録しようか迷っている方 登録前に、強みや特徴をデータで、かつ、第 ...

もっと詳しく

image

MS-JAPAN

2021/8/18

【迷ってる方必見】MS-JAPANに登録するメリット・デメリット

キャリアアップしたくて、MS-JAPANに登録しようか迷ってます。登録するメリット・デメリットが知りたいです。   特に『デメリット』が知りたい・・・       本記事では、このような悩みを解決します。           本記事の内容 MS-JAPANに登録するメリット・デメリットについて     こんな方向けに、この記事を書いてます。       こんな方におす ...

もっと詳しく

image

MS-JAPAN

2021/8/18

【脱失敗】MS-JAPAN登録後におすすめの求人がきやすい利用方法

MS-JAPANに登録した後、思うように求人紹介がきません・・・・・。期待していたような求人が紹介されるおすすめの利用方法ってありますか?     本記事では、このような悩みを解決します。         本記事の内容 MS-JAPANに登録後、失敗しないおすすめの利用方法について解説       こんな方向けに、この記事を書いてます。       こんな方におすすめの記事です MS-J ...

もっと詳しく

アイキャッチ

キャリアアップ

2021/8/21

【会計士流キャリアアップ】簿記3級等の会計スキルがある方向け

現在、簿記3級を持っています。これから2級を目指していくつもりですが、やっと資格をとったので『自分自身の市場価値』が知りたいです。 また、会計の資格を活かしてキャリアアップ(=年収アップ)していきたいです。     この記事は、会計スキルがある方に向けて、上記のような悩みを解決するための記事です。         ✅本記事執筆者 ・新卒で東証一部上場会社に入社。 ・公認会計士試験合格後、監査法人(Big4)に入社。現在は独立。 ・独 ...

もっと詳しく

アイキャッチ画像

キャリアアップ

2021/8/23

公認会計士による会計特化型転職サイトおすすめ3社の比較ランキング

この記事では、会計スキルを持った方に向けて、おすすめの『会計特化型エージェント(=転職サイト)』を、ランキング形式でトップ3まで紹介します。           本記事の内容 ・人気ランキングトップ3および番外編1つを紹介           ✅本記事著者 ・公認会計士試験合格後に監査法人(Big4)に入社。現在は独立 ・独立前に、会計特化型転職サイトを2社利用して外資系企業(外資コンサル等) ...

もっと詳しく

キャリアアップ

【論文合格者必見!】公認会計士試験の合格後にやるべきこととは?

公認会計士試験の論文式試験に合格しました。

合格後にまずやるべきことやっておいた方が良いことってありますか??

 

 

 

本記事では、このような悩みを解決します。

 

 

私も公認会計士試験の論文式試験に合格した後は、すぐに就職活動に専念しましたが、その際に就職活動とは別に)やっておいて良かったことを本記事では紹介します。

 

 

 

こんな方向けに、この記事を書いてます。

 

 

 

こんな方におすすめの記事です

  • 公認会計士試験の論文式試験に合格した方
  • 将来的に独立を考えている方

 

 

 

 

 

 

 

✅本記事の信頼性

・公認会計士試験合格後に監査法人(Big4)に入社。その後外資コンサル等の転職を経て、現在は独立

自己紹介

Twitter@yurubrogu

 

 

 

 

 

 

 

・・・では早速、この記事の結論は以下のとおりです。

 

 

1.公認会計士試験の論文式試験合格後にやっておいて良かったこと

 

結論

公認会計士試験の論文式試験合格後に、やっておいてよかったこと=会計士向けの転職サイトに登録

 

 

 

以下では、なぜ登録しておいて良かったのか説明しますが『いますぐ登録したい』という方は以下からどうぞ。

 

 

 

 

ここから私の実際の体験談を交えて合格発表からBig4の内定までを、カンタンに説明しています。私の体験談は飛ばしたい方はこちらからスキップできます。

 

 

 

 

 

2.公認会計士試験の論文式試験を合格した後のスケジュール

 

私が論文式試験に合格した後の大まかなスケジュールは、下記のとおりでした。

公認会計士試験の論文式試験合格後のスケジュール

 

 

 

 

 

step
1
合格発表日

合格発表日

 

 

論文式試験の合格発表当日。この日ばかりは合格の喜びに浸った1日でした。とにかく忘れることのない1日です。

 

監査法人の就職活動は、一般の就職活動のペースとは違い、合格発表から数週間で内定まで決まります。

 

よって、早速監査法人(基本的にはBig4と呼ばれる4大監査法人のすべてから)から、合格発表日に「おめでとうございます」との電話がかかってきました。

 

 

その日は「お祝い」の言葉以外には、特に「勧誘」はありませんでした。

 

早速、勧誘はされることはないの?

 

なかったです。というのも、試験合格者に対する「勧誘」が解禁されるのは「○○月○○日」と、解禁日が各監査法人の協定で決まっているので、解禁前の勧誘や接触は基本的にNGです。個別の接触も基本的には禁止されています。

 

 

 

 

 

 

step
2
監査法人主催の「説明会」への参加

説明会に参加

 

 

私が論文式試験を受けた年は(通常通り)8月に論文式試験があり、9月から各監査法人の説明会が開催され、11月2週目が合格発表日でした。

 

 

 

監査法人の説明会の概要

公認会計士試験合格者に対する、監査法人の説明会は基本的に年に2回あります。

・1回目:8月の論文式試験が終わったあと
・2回目:11月の論文式試験の合格発表のあと

 

 

 

1回目の監査法人主催の説明会は9月にあり、第2回目が11月下旬、という流れが一般的です。

 

 

 

 

私は9月の説明会には、すべての監査法人の説明会には参加せず、4大監査法人の内の2社のみに参加しました。

 

 

 

2社のみにしか参加しなかった理由は「知りたいことが知れたから」というシンプルな理由です。加えて、合格していた場合には第2回目の説明会でも間に合うと思ったからです。

 

 

 

合格発表のあとの11月末の第2回目の説明会には、4大監査法人の説明会にそれぞれ一度づつ参加し、中堅監査法人の説明会にも一度参加しました。

・・こうして説明会を通して(=11月末の時点で)入社したい監査法人は1つに定まりました。

 

 

 

 

step
3
面接がスタート

面接がスタート

 

 

11月末から12月第1週にかけて、いよいよ面接の受け付けがスタートしました。

 

 

筆者の場合

エントリーシートは4大監査法人すべてに提出しました。面接もすべて受け、順調に3法人から内定を頂けました。残りの1法人は、すでに希望していた監査法人から内定を頂けた時点で、丁重に面接辞退の連絡を入れました。

 

 

 

こうして、内定も決まり、無事に監査人としてのスタートをきれることが決まりました。

 

 

 

本題はここから

ここまで、合格発表からBig4から内定をもらうまでの簡単な流れを説明しましたが、本記事の本題はここからです!

 

 

 

 

3.監査法人の内定と同時に行ったこと

 

内定が決まった翌日には、会計士向けの会計特化型転職サイト3社ほど登録しました。

 

 

 

 

"内定翌日"に登録した会計特化型転職サイト3社

 

 

 

 

 

会計特化型転職サイトは、上記のほかにも(例:レックスアドバイザーズなど)何社かありますが、私は上記3社にだけ登録してました。監査法人に勤務したあとに「アクシスコンサルティング」という会計特化型転職サイトを知り、そちらにも登録しました。

 

 

 

アクシスコンサルティングハイクラス向けの転職サイトで、20代でも年収1,000万円以上案件が多いです。

 

私は、アクシスコンサルティングには、監査法人に入社したあとに登録し、筆者の4社目の転職の際に実際に利用しました。参考までに、その際の年収は1,000万円を超えてました。

 

 

 

アクシスコンサルティングの登録は下記の記事で5分で解説しています。

 

 

 

 

・・・なお、上記3社についてのランキングは、下記の記事に記載してます。すべてのサイトを利用している筆者が独自に設定した5つの評価項目で評価してます。

 

ランキングはこちらをCHECK

アイキャッチ画像
公認会計士による会計特化型転職サイトおすすめ3社の比較ランキング

この記事では、会計スキルを持った方に向けて、おすすめの『会計特化型エージェント(=転職サイト)』を、ランキング形式でトップ3まで紹介します。         & ...

続きを見る

 

 

 

 

4.なぜ会計士向け転職サイトに、内定翌日に登録したのか?

 

結論

監査法人(Big4)から内定をもらった翌日に登録しておいた理由は、『情報収集』と『損がないから』

 

 

 

 

『情報収集』について

会計士試験に合格すると、やはり最難関国家試験だけあって、多くの企業が求人条件として出している条件はクリアしますので、働く先の選択肢は本当に多いです。

 

有名な大企業のみであれば(例えばリクルートなどの)総合型転職サイトでも求人情報を知ることができますが、スタートアップなど、CFOとして公認会計士を求めているような小さな会社は、会計特化型転職サイトに登録していないと存在すら知ることはできません。

 

総合型では知れないようなハイクラスな人材を求めるコンサル系の求人も、会計特化型では豊富に知ることができたりします。

 

また、会計特化型転職サイトを通じて『こんな条件(=スキル等)の会計士を求めているのか』と、リアルな情報を知ることができます。

 

 

早い段階から登録するメリット

監査法人にて、会計士としての人生をスタートさせる中で、こういうスキルを持つとこういうニーズがあるのかと知ることができ、会計士としての人生設計をスムーズにさせてくれます。

 

 

 

 

『損がないから』について

基本的に、3社ともすべて無料で登録でき、求人情報も無料で知ることができます。

また、(これは特にMS-JAPANに言えることですが)知りたい情報を・知りたいときに教えてもらうことができ、希望年収以上の転職案件をメールでも随時送ってもらってました。しかし、営業メールや電話は一切ないので、登録して利用することに『損がない』です。

 

・・・・こういった理由からも上記3社の登録及び利用をしていました。

 

ちなみに、なぜ利用者は無料で利用できるのか、もし気になる方がいれば、こちらの記事で解説してます。

アイキャッチ画像
会計スキルを持った方向けの会計特化型(管理部門特化型)転職サイトとは

転職サイトのうち、『会計特化型転職サイト』ってそもそも何ですか?       本記事では、このような悩みが解決できます       本記事の ...

続きを見る

 

 

 

 

 

 

5.登録するのが面倒な方

この記事をここまで読んで『登録する気にはなったけど、3つは面倒くさいな・・・』と思った方には、MS-JAPANにだけでも登録することをおすすめします。

 

 

MS-JAPANの登録ページへ

 

 

 

基本的に、上記の登録ページにとんで「まずは会員登録(無料)」から進めていけば、簡単に登録できますが、パスワード設定案内のメールに対応する必要あり、など注意点もあります。

 

 

 

MS-JAPANの会員登録方法の解説が知りたい方は、こちらの記事で画像付きで解説してます。(所要時間:約5分)

 

 

 

 

 

MS-JAPANに登録した後は必ず確認

よりスムーズに情報収集するために、登録後は以下の記事で紹介してる4つのことだけ(例:希望年収を予め登録しておく)必ずやっておくことをおすすめします。


アイキャッチ画像
【必見】MS-JAPANに登録後、必ずやっておくべき4つのこと!

MS-JAPANに登録した後、まずやっておいた方がいいことって何ですか?     本記事では、このような悩みを解決します。       本記事の内容 ...

続きを見る

 

 

 

 

6.公認会計士の可能性

私は現在、会計士として独立していますが、明確に「独立したい」という想いが、監査法人に入る前からありました。

 

 

よって、監査法人に入社してからが会計士としてのスタートラインではなく、監査法人に入社する前からすでに(情報収集など)動いてました。

 

 

 

 

・・・・なので「行動」が少し周りよりも早かったと思います。

 

 

 

そして、その1つが「会計士向けの転職サイトに早くから登録しておき、情報を事前に掴んでおいた」です。つまり、監査法人に入ることは、長い会計士としての人生の中で通過点でしかなかったです。

 

 

 

この記事を読んでいる方には、下記の2つのポイントをもう一度明確にしておくことをおすすめします。

監査法人に入る前の2つのポイント

①会計士として長い人生の中で、何がしたいのか?
➁何を達成(=目標)したいのか?

この2つを必ず明確にしておく。

 

 

 

私は会計士試験を受けている段階から「公認会計士になって、公認会計士という職業を広めたい。そして必ず独立したい」という強い想いがあったので、監査法人への内定が決まった翌日に、将来を見据えて早速会計士専用の転職サイトに登録しておきました

 

 

勿論、早い・遅いはありません。ですが、さきほど説明したとおり『損がなく・情報収集できる』という点から、この記事を読んでいる方でまだ登録していない方は、1社につき5分以内で終わるので登録だけ済ませておくことをおすすめします。

 

では、最後に「登録方法」についてです。

 

 

 

7.登録方法

登録方法については、すべて画像付きで解説した記事がありますので、以下の記事を参照ください。

 

 

 

MS-JAPAN

 

 

 

マイナビ会計士

 

 

 

 

ジャスネットキャリア

 

 

 

 

アクシスコンサルティング

 

-キャリアアップ

© 2021 Kaikeishi-Blog Powered by AFFINGER5