image

アクシスコンサルティング

2021/8/23

【筆者も過去利用】年収1,000万円以上案件多数の求人サイト

注意 これを読んでいる方が、どれくらいのスキルをお持ちをなのか分からないため、結論と情報だけ記載しておきます。       1.結論と2つの情報   結論 ・年収1,000万以上案件(求人)が多数なのがアクシスコンサルティング       情報 ・誰でもキャリア相談が可能 ・無料で可能       2.執筆者   新卒で入社した1社目の会社で、働きながら公認会計士試験向けの勉強を開始。 仕事をしな ...

もっと詳しく

image

ジャスネットキャリア

2021/8/18

【ジャスネットキャリアの評判】電話やメールがしつこい場合があるのか?

ジャスネットキャリアに登録したら、しつこい電話やメールがこないか心配です・・・。       この記事では、上記のような悩みを解決します。   本記事の結論 しつこい電話はありません。 メールは定期的にきます。ただし、メールの配信停止は30秒でできます。 本記事の信頼性 ・公認会計士試験合格後に監査法人(Big4)に入社。現在は独立 ・独立前に、会計特化型転職サイトを2社利用して外資系企業(外資コンサル等)に転職 ・MS-JAPANとアクシスコンサルティングを利用 ...

もっと詳しく

image

MS-JAPAN

2021/8/18

【強み3点】MS-JAPANが選ばれてる理由を利用者目線で分析

MS-JAPANに登録する前に、【強み】や【特徴】を知っておきたいです・・・。       本記事では、このような悩みを解決します。   本記事の内容 MS-JAPANの強み・特徴を、利用歴5年以上の公認会計士が解説         こんな方向けに、この記事を書いてます。       こんな方におすすめの記事です MS-JAPANに登録しようか迷っている方 登録前に、強みや特徴をデータで、かつ、第 ...

もっと詳しく

image

MS-JAPAN

2021/8/18

【迷ってる方必見】MS-JAPANに登録するメリット・デメリット

キャリアアップしたくて、MS-JAPANに登録しようか迷ってます。登録するメリット・デメリットが知りたいです。   特に『デメリット』が知りたい・・・       本記事では、このような悩みを解決します。           本記事の内容 MS-JAPANに登録するメリット・デメリットについて     こんな方向けに、この記事を書いてます。       こんな方におす ...

もっと詳しく

image

MS-JAPAN

2021/8/18

【脱失敗】MS-JAPAN登録後におすすめの求人がきやすい利用方法

MS-JAPANに登録した後、思うように求人紹介がきません・・・・・。期待していたような求人が紹介されるおすすめの利用方法ってありますか?     本記事では、このような悩みを解決します。         本記事の内容 MS-JAPANに登録後、失敗しないおすすめの利用方法について解説       こんな方向けに、この記事を書いてます。       こんな方におすすめの記事です MS-J ...

もっと詳しく

アイキャッチ

キャリアアップ

2021/8/21

【会計士流キャリアアップ】簿記3級等の会計スキルがある方向け

現在、簿記3級を持っています。これから2級を目指していくつもりですが、やっと資格をとったので『自分自身の市場価値』が知りたいです。 また、会計の資格を活かしてキャリアアップ(=年収アップ)していきたいです。     この記事は、会計スキルがある方に向けて、上記のような悩みを解決するための記事です。         ✅本記事執筆者 ・新卒で東証一部上場会社に入社。 ・公認会計士試験合格後、監査法人(Big4)に入社。現在は独立。 ・独 ...

もっと詳しく

アイキャッチ画像

キャリアアップ

2021/8/23

公認会計士による会計特化型転職サイトおすすめ3社の比較ランキング

この記事では、会計スキルを持った方に向けて、おすすめの『会計特化型エージェント(=転職サイト)』を、ランキング形式でトップ3まで紹介します。           本記事の内容 ・人気ランキングトップ3および番外編1つを紹介           ✅本記事著者 ・公認会計士試験合格後に監査法人(Big4)に入社。現在は独立 ・独立前に、会計特化型転職サイトを2社利用して外資系企業(外資コンサル等) ...

もっと詳しく

MS-JAPAN

【MS-JAPANとは】会社概要・経営成績・住所等について解説

MS-JAPANへの登録を考えているけど、その前に大まかな会社の概要を知っておきたいです。

そもそもMS-JAPANとMS-Agentって何が違うの??

 

 

 

この記事を読むと、このような悩みが解決できます。

 

 

 

 

 

こんな方におすすめの記事です

  • 登録したばかりで、まだMS-JAPANについてよくわからない方
  • 安心して利用できるのか不安な方

 

 

 

 

 

私が、MS-JAPANに登録したのは、公認会計士試験合格後に監査法人から内定をもらった後です。

MS-JAPANについて、名前は聞いたことある程度で、どんな転職サイトなのか何も知りませんでしたが、独立を見据えていたので、一旦登録して情報収集を開始していました。

 

 

私の場合は、独立している知り合いの会計士からMS-JAPANを勧められたので、最初からある程度の「信用」がありました。

・・・そうでなく、ネット等でMS-JAPANを知った方は、どんな転職サイトなのか全く分からないと思います。

 

 

そこで、上記のような安心して利用できるのか不安な方向けに、この記事を書きました。

 

 

 

 

 

結論

・創業120年以上、特化型転職サイトに移行してからは25年以上の実績

・管理部門特化型転職エージェントとして転職決定率No.1

MS-JAPAN公式ページ

 

 




公式ページをみればそのまま分かることは書いてません。

 

むしろ「公式ページだとちょっと分かりにくいかも・・」といった点について一目でわかるよう触れています。

・・・・なにより「利用者目線」で書いています。

 

 

 

✅本記事の信頼性

・公認会計士試験合格後に監査法人(Big4)に入社。現在は独立

・独立前に、会計特化型転職サイトを2社利用して外資系企業(外資コンサル等)に転職

MS-JAPANアクシスコンサルティングを利用

 

 

 

 

 

 

では、MS-JAPANとはどんな転職サイトなのか、解説していきます。

 

 

 

 

1.MS-JapanとMS-Agentの違いについて

MSJapanとMSAgentの違い

 

結論

・MS-JAPAN=会社名(正式表記は「MS-Japan」)
・MS-Agent=サービス名

 

 

 

MS-JAPANとは、会計特化型(=管理部門特化型)の転職サイトです。

 

 

 

MS-JAPANをちょっと解説

MS-JAPANとは簿記3級以上の会計スキルを持った方向けに、豊富な求人数(例:公開求人数4、900件はあくまで1割。非公開求人が9割)と、高い成約率に結びついてるサポート力が特徴。利用はすべて無料。会計士などの会計スキルを持った方にとっては非常に有名な転職サイト(=転職エージェント)だが、そうでない方は知らない方が多い

 

 

 

MS Agentとは、MS-JAPANが展開している「人材紹介事業」を総じた名称(=サービスの名称)のことを指します。

 

 

 

以前は、会社名もサービス名も「MS-Japan」で統一されていましたが、2020年5月から、会社名はMS-JAPANとし、人材紹介事業のサービス名をMS-Agentとする現行の体制に変更しています。

 

 

 

 

 

2.設立後から現在までの簡単な流れ

 

結論

特化型転職サイトに移行してからは25年以上の実績

 

 

 

 

 

設立から現在までの流れがカンタンに知りたい方は、以下を参考にして下さい。

 

 

 

設立から現在まで

  • 1900年4月:社名「株式会社日本MSセンター」として会社設立
  • 1995年10月:人材紹介サービスを「管理部門向け」に特化
  • 2011年4月:社名を「株式会社MS-Japan」に変更
  • 2016年12月:東証マザーズ上場
  • 2017年12月:東証一部上場
  • 2019年3月:管理部門特化型転職エージェントとして転職決定率No.1
  • 2021年3月:創業121年、特化型に移行後25年の実績

 

 

 

創業者はリクルート出身

リクルート出身の創業者である有本隆浩氏(現在の代表取締役社長)が、はじめは『総合型』の転職サイトとして株式会社を立ち上げました。

1995年に、現在の『会計特化型(=管理部門特化型)』転職サイトへと事業戦略を変更しています。

 

 

 

実績として、会計特化型転職サイトとしてサービスを開始してからは現在まで25年以上が経ってます。

 

 

ちょっと重要

転職決定率No.1について、MS-JAPANが公表している外部の調査会社に委託して調査した「管理部門特化型転職サイト」の中で、利用している方が実際に転職まで至った割合における実積率で1位であるということです。

msjapan-top-of-job-change-site

 

 

 

 

 

3.MS-JAPANの会社概要

会社概要

設立:1900年4月
設立時の資本金:2000万円
現在の資本金:5億8300万円(※2020年3月現在)
本店所在地:東京都千代田区富士見
拠点:東京、横浜、名古屋、大阪

 

下記に「子会社を持たない会社である」と簡単に解説してますが、利用する上ではほぼ気にしなくて大丈夫です。

 

 

ちなみに、MS-JAPANは2021年3月現在、子会社等を持たない単体の会社です。

 

ですが、2021年1月にMS-JAPANが99%出資する形で「MS:HAYATE」という投資事業有限責任組合(=いわゆる投資ファンド)を設立したため、この会社がMS-JAPANにとっての「子会社」になります。そのため、2021年3月から連結決算となります。

 

 

 

 

4.MS-JAPANの拠点数(東京・横浜・名古屋・大阪の住所と電話番号)

結論

東京、横浜、名古屋、大阪の4拠点

 

 

 

拠点が増加していった流れおよび各拠点の住所は下記のとおり。

 

本社移転や拠点設置

・1900年4月:大阪市中央区で設立
・1900年11月:大阪市羽曳野市に本社移転
・1999年5月:東京都千代田区に拠点設置
・2005年6月:大阪市北区に本社移転
・2006年3月:名古屋に拠点設置
・2014年10月:横浜に拠点設置
・2015年1月:東京都千代田区に本社移転(←現在)

 

 

東京本社

東京本社:〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム4F

(電話番号:03-3239-7373)

 

横浜支社

横浜支社:〒220-0005  神奈川県横浜市西区南幸1丁目1-1 JR横浜タワー15階

(電話番号:045-287-8080)

 

名古屋支社

名古屋支社:〒450-6312  愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1  JPタワー名古屋12F
(電話番号:052-551-1125)

 

大阪支社

大阪支社:〒530-0011  大阪府大阪市北区大深町3-1  グランフロント大阪タワーB 24F(電話番号:06-6292-5838)

引用:https://company.jmsc.co.jp/access.html

 

 

 

 

 

 

5.MS-JAPANの経営成績

結論

2016年3月期からの直近の5年間売上高・利益・純資産ベースで軒並み右肩上がりで推移

 

 

 

 

MS-JAPANは様々なサービスを行ってますが、すべて「人材紹介事業」という単一のサービスに集約されます(MS-JAPANの有価証券報告書の「セグメント情報」より)

 

 

 

ここでは、MS-JAPANが「人材紹介事業」でどれだけの売り上げや利益を出しているのか、グラフで紹介していますが、細かい数字は気にせず「グラフの伸び率」に注目して頂ければと思います。

直近の経営成績(2020/3月期)(※百万円未満切り捨て)

  • 売上高:40億9800万円
  • 経常利益:20億2300万円
  • 最終利益:13億7400万円
  • 総資産:88億600万円
  • 純資産:79億6100万円
  • 自己資本比率:90.4%(※)

(※)自己資本比率というのは「倒産」の目安になりますが、90.4%は圧倒的に高い数値(=安全指数として高い)です。

 

 

 

売上高と自己資本比率以外の項目は、利用者目線で考えた場合は、(MS-JAPANの株主でない限り)ほぼ参考にしなくてもよい情報なので、以下ではグラフのみ載せておきます。

 

 

 

さらに詳しく

「もっと詳しく分析したい!」という方は下記のリンク(2020/3月期:有価証券報告書)を参照ください。
(2020年3月期:有価証券報告書

 

 

 

 

以下では、2016/3月期から2020/3月期までの直近5年間の推移を載せます。

(繰り返しになりますが)細かい数字より「青い部分(グラフの伸び率)」に着目頂ければと思います。

 

売上高(★最も重要)

5年間継続して右肩上がり

売上高
(※クリックで画像拡大可)

「売り上げが伸びている」=「利用者が増えている」と言えます。これは、純粋に登録者が増えたことで利用者が増えたのか、登録してから利用してなかった方の利用が増えたのか、など様々な分析ができますが、MS-JAPANの見解をまとめると『"登録者も利用者も、継続して伸び続けている”』です。

 

経常利益

5年間継続して右肩上がり

経常利益

 

 

最終利益(=当期純利益)

5年間継続して右肩上がり

最終利益

 

 

総資産

5年間継続して右肩上がり

総資産

 

純資産

5年間継続して右肩上がり

純資産

 

 

自己資本比率

5年間継続して高水準を維持

自己資本比率

 

 

 

 

 

6.MS-JAPANの倒産可能性と転職先の安全性

 

以上、利用者の目線から重要な6つの指標(=売上高から自己資本比率までの6つ)から、MS-JAPAN自体の今後の倒産の可能性は「低い」と言えます。
(※2020/3月期の有価証券報告書(約200ページの財務データ)をもとにした結論です)

 

 

 

また、MS-JAPANの与信管理は『適切である』と言えます。

 

 

 

この「与信管理」が適切って、ちょっと重要です。

 

 

与信管理とは??

『新たに取引先となる相手が、取引後に倒産してしまったことで、売上が回収できなくなってしまった・・・』

・・・こんなことがないよう、帝国データバンクや東京商工リサーチといった会社を利用して、取引先の安全性をチェックすることです。

 

 

MS-JAPANにとっての取引先とは、求人会社です。つまり、あなたの将来の転職先となる会社です。

MS-JAPANはこの与信管理を徹底しているため、求人会社の安全性が低いと判断した場合には、取引しない(=求人として掲載しない)という審査体制・組織体制となってます。

 

そのため、公開求人数の4,900件は、いわば厳正かつ適正な審査を通った4,900件と言えます。

 

 

 

まとめ

 

本記事のまとめ

・MSJAPANは会社名、MSAgentはサービス名

・会計特化型転職サイトとして25年以上の実績

・拠点数は4つ(東京、横浜、名古屋、大阪)

・登録者および利用者ともに継続して伸び続けている

・登録者・利用者の増加に伴い、売上高等は直近5年間、継続して右肩上がり

・与信管理を徹底しているため、4,900件の求人数は安全性・信頼性ともに高い

 

 

 

 

 

MS-JAPAN公式ページは、以下になります。

 

 

 

 

 

 

(上記の公式ページから登録できますが)以下の記事からでも、5分で登録は完結できます。登録方法の解説付きです。

 

登録方法をすべて画像付きで解説した記事はこちら

アイキャッチ画像
5分で登録できる!MS-JAPANの登録方法を画像で解説!

MS-JAPANってどうやって登録すればいいの・・・?     この記事では、このような悩みが5分で解決できます。     この記事で解決できること MS-JA ...

続きを見る

 

 

 

 

 

 

登録後に必ずやるべきことは下記にまとまってます。

 

登録後はこちらもCHECK

アイキャッチ画像
【必見】MS-JAPANに登録後、必ずやっておくべき4つのこと!

MS-JAPANに登録した後、まずやっておいた方がいいことって何ですか?     本記事では、このような悩みを解決します。       本記事の内容 ...

続きを見る



-MS-JAPAN

© 2021 Kaikeishi-Blog Powered by AFFINGER5